ページ上部へ
製品紹介

虫除けスプレー


ノンケミカルの日焼け止めと言っても、保存料を気にして成分を見る方っていると思います。

さらに無添加と書かれてあれば、築一それを見て、クチコミサイトなどで指摘している方もいるほどですが、その方々によれば旧指定成分以外のものを使っていれば無添加と書かれてあるものもあるそうです。

私が知っている無添加でノンケミカルの日焼け止めには、保存料となっている成分に食物が入っているものもあります。石鹸を自作しているので分かるのですが、ビタミンCやEなどでその役目をするものとして入れることがあります。ドリンクであればビタミンCとった感じで酸化を防いでいると言われています。

ノンケミカルで使いやすい日焼け止め

化学成分を使わず、それでいて日中に外に出ても日焼けしない、ナチュラルな日焼け止め。紫外線の対策を十分に行い、使いやすさを追求。日本人の肌に適した日焼け止めです。

http://www.mutenka-okada.com/item/index07.html

さて、私が知っているノンケミカルの日焼け止めの保存料ですが、お刺身に使うワサビがありますよね?あれはワサビの根の部分なのですが、それを発酵したエキスを保存の目的として入れてありました。実際に使っていますが、お刺身で口の中で滲みるようなヒリヒリ感はしません。

普段から無添加を選んで使っているほどの敏感肌ですので、その辺は自信を持って言うことができます。肌への負担も少ない気がしますし、私の肌にぴったりで嬉しくなります。